Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 後継者育成その11 | メイン | 相対湿度と絶対湿度と腐朽菌 »

2013年5月12日 (日)

後継者育成その12

 今年も大工見習いの新入社員が3名入った、この20年間毎年何人か入ってくる様になったことは嬉しい限りであるが、厳しい修行に耐えられなくなり辞めてしまう子もいるのも事実、本当は全員一人前の棟梁になって卒業して貰いたい気持ちですが、教え方が悪いせいか、技術面の習得が出来なかったり、当たり前のソフト面が分からない子が途中で挫折することもある。

 このソフト面の教育は殆ど当たり前のことばかり、この当たり前のことが言えない・出来ないのが事実だった、20年前上棟式等の後、直会でも「頂きます・ご馳走様でした」…で終わってしまう子が殆ど、数日経って再び施主様にお会いしても、前日何時間も労のねぎらい等を受けたにも関わらず感謝の気持ちを態度や言葉に表さない、「こりゃ~可笑しい」という事で感謝の言葉「(先日・夕べ・その節・この前)はありがとうございました」の練習を私が事あるたびに言わせた、何と率先して全員言えるようになったのが2年もかかった、この事だけでも当たり前の事がこんなに出来ない、当時の言葉にはマニアルであって心がない、存在のアピールは心が必要そのためには、一番一流と名の着く飲食店やホテルや旅館での宿泊宴会又海外研修等視察に行き、応用力や感性教育を行った、特に海外研修では多くの若者達が帰国後に大きな成長を感じられるようになって来た、経費は掛かるが今後も海外研修は続けていくつもりでいる。

 ツールや部品を2~3に絞り依り早く技術の習得向上,それに少ないツールを使い分ける応用力を養い、一流の飲食・賄い等堪能し又海外では豊かな感性を養い、今やっと心のこもった建物や豊かな心を持った社員が全員とは云わないが多く育った事は間違いがない、キャッチフレーズの「気持ちを込めた木持ちの良い家」今後ももっともっと気持ちが入り「品質や性能の向上・地産地消・感動のすまい」このぶれる事のない4Dのすまいづくりそれに後継者の育成は当然として続けていく方針です。

 これも多くの施主様やファンクラブ・ファンの方々それに惜しみなく協力をしてくださった、協力業者の皆さん方に出逢ったからここまでこれました、小さな事・目先の経験しか書けなかったけど心から感謝を申し上げ真に勝手ながら後継者育成のブログを休ませて戴きます、ありがとうございました。                           

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143710/31333981

後継者育成その12を参照しているブログ:

コメント

後継者育成のプログを、何時も興味深く拝見させて頂いています。
私も在職中は、沢山の新人を受け入れ、辞めていく子に対して、その度に教え方が良かったのかと、自分に問う事が多かった事を思い出します。
今回ブロク12回目で初めてコメントを書かせて頂いたのは、先日
仕事の関係で、中津の工科短大に
行った際、たまたまお話しをした
建築システム系の先生が、藤丸建設さんをしっていまして、卒業生が就職している事を聞き、大島棟梁と野口棟梁の名前が出ました、先生に野口棟梁が私の家を建てくれたのですよと言ったら、大変関心されていて藤丸さんが厳しく育てたから、この若さで棟梁が出来るのですねと言われていました。
もちろん大島棟梁も一緒に手伝って頂いた事は言いました。
先生には野口棟梁が建てた家を、是非生徒を連れて見に来て下さいと言っています。
今、ノミや鉋を使って家を建てる
大工さんが少なくなって、プレカットが主流なり家の建て方も変わって来て、昔ながらの軸組工法が
少ない事も言われていました。
工科短大では軸組工法で小さな家を建てているのを見て、将来大島棟梁、野口棟梁の後を追う人材が
でるのではと、感心して見ていた
次第です。
私の考える良い家とは、大工の棟梁がどれだけ想いを入れ、こだわって建てたかと言う事だと思います。
大将(社長)の人材育成のこだわりがあってこそ、この家が出来る
のだと考えます、50年100年
経っても、良いと言える家造りであって下さい。
又ブログ楽しみにしています。


コメントを投稿